ぎっくり腰はなぜなるの?

交通事故保険会社連絡

ぎっくり腰になるメカニズムを解説します。

ぎっくり腰は、くしゃみ等のふとした動作で痛めます。しかし、その動作が根本的の原因ではないと言う事です。

地球上には重力がありその重力に逆らって私達人間は生活しています。

その重力に逆らう為に抗重力筋が働いています。抗重力筋とは体の後面にあたる筋肉を言います。その一つに腰も含まれます。ですので、立っていても座っていても重力がある限り腰等に負担が掛かっています。まずここまでご理解頂けたでしょうか?

次に痛める原因についてお話しさせて頂きます。

ぎっくり腰になる方の大半が同じ姿勢(座位、立位)が多く、なおかつ腹筋のインナーマッスルが弱い事が原因で姿勢不良になり負傷につながります。

結論をお話しすると、姿勢を改善し腹筋のインナーマッスルを鍛えていればぎっくり腰は避けられると言う事です。

インナーマッスルは年齢に関係なく鍛えられます。単純にお腹をへこませる動作だけでも鍛えられます。

ぜひ実践してみて下さい。

長々とお話しさせて頂きましたが、皆様が痛みのない生活をおくって頂けるようこの場を借りて随時更新していきたいと思います。宜しくお願いします。

また、当院ではぎっくり腰はもちろんのこと、姿勢改善治療やインナーマッスルを鍛える等の治療も行なっています。お気軽にお声がけください。

関連記事

  1. 腰痛になぜなるのか??

  2. 腰痛の原因は腰じゃない・・・!?

  3. 腰部狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症は治らないのか??

  4. 今話題の酸素オイル入荷しました!!

  5. どうしたら、腰痛は良くなるの・・・!?